【最新情報】あびる優はアルコール依存症だった?!元夫が語った謎の離婚の真実とは?

エンタメ

あびる優さんと才賀紀左衛門さんが離婚したことについて、才賀さんが長女の親権を持つのにあびる優さんが育てると言ったり、
あびる優さんは離婚したことについて知らなかったなど、離婚は成立しているのに全く2人の話が合わないことが多く“謎の離婚”となっていました。

これらの謎を解くため、元夫の才賀さんはインタビューで真実を語りました。

スポンサーリンク

 

謎の離婚の真実!!親権も育てるのも父親だった!!

「長女についてですが、親権は才賀が持ちますが、あびるはこれまでと同様に愛情を持って育てていきます」

と、コメントしていたあびる優さん。

このコメントがあったからほとんどの人は、
「親権はないけど監護権はあびる優が持っているんだ。」
「あびる優が子供を育てるのか。」
と、思ったのではないでしょうか?

才賀さんが語った真実によると、
「親権は僕が持ち、監護者として責任を持って育てていきます。」
と、答えています。

これについて、あびる優さんは納得しているのでしょうか?

 

謎の離婚の真実!!離婚届けと親権は2人の合意があった!?

【離婚届の真実】

才賀さんは

「離婚届の記入は互いに11月下旬に終えていました。提出した前日の12月3日に夫婦でハンコを押して、笑顔で『5年間ありがとう。』『夫婦としてやり切ったね』と結婚生活を振り返りました。その翌日に1人で離婚届を出しに行きました。」

と、答えています。

あびる優さんが“知らなかった”というのは“いつ離婚届が提出されていたか”ということですかね?

ここまで2人できちんと話し合った上で離婚届に記入しているのなら2人の合意がしっかりありますよね。

【親権の真実】
「長女についてですが、親権は才賀が持ちますが、あびるはこれまでと同様に愛情を持って育てていきます」
「僕が責任を持って育てます」

どっちどっちー?!

と、とても混乱させられましたがこれについても真実が語られました。

才賀さん「親権欄には僕の名前が記載されていて、優も同意してくれていました。」

しかし、あびる優さんはたまに
「親権はあげない」
「私を神様のように扱わないと親権はあげない」
などと言っていたようです。

(こんなこと言う人に子供を渡したくないですよね。)

そこで才賀さんは「大切な娘の親権を交渉の材料みたいに扱われることに怒りを覚えました。そうしたことからすぐに(離婚届を)提出したほうが良いと考えたんです。」
とお話されていました。

才賀さんグッジョブです!!

[ad]
 

謎の離婚の真実!!あびる優はアルコール依存症?!

あびる優さんのお酒についての悪癖も才賀さんは答えていました。

「週2,3日の時もあれば5日連続の週もあったり」
「3歳の娘を連れて夜遅くに飲みに出かけていたことを共通の知人から教えてもらって、すぐに『自宅に戻って』とお願いしました。自宅に戻った後娘を残してまた飲みに出かけたんです。」
「深夜にお酒に酔った状態で帰宅していて、寝ていた僕や娘が起きてしまうことも頻繁にありました。」
「何度も『頼むからやめて』と伝えましたが改善しませんでした。」

このことから、才賀さんは

「優の酒癖の悪さ、お酒との関わり方を知っているからです。
その悪癖を考えると、どうしても娘を渡すことができません。」

と、あびる優さんに監護権を譲らない意志を語っていました。

このことを知った世間の反応は、
「アルコール依存症なんだろうなぁ」
「本格的な治療が必要そうですね、本人はアル中と思ってないだろうし」
「ハッキリ言及していないが、明らかにアルコール依存症だな」

などとコメントされています。

3歳の子供を深夜に連れ出すことも、連れ出すところがお酒の場でしかも母親がお酒飲んでさらに、いったん帰宅して子供置いてまた飲みに行くなんて…。
同じ母親として全く理解できません…。

 

謎の離婚の真実!!アルコール依存症とは?

もし、本当にあびる優さんがアルコール依存症だとしたら、どのような治療が必要なのでしょうか?

【アルコール依存症とは】
お酒の飲み方を自分でコントロール出来なくなった状態です。

その人の適量ならお酒は良いとされていますが、お酒を飲むタイミングや飲む量、状況をコントロール、判断が出来なくなってくるとアルコール依存症と診断されます。

【アルコール依存症の治療は?】
アルコールをきっぱりやめること!!
禁酒が唯一の治療方法です!!

依存症の人が禁酒をすると禁断症状が出現します。

・一晩中大声で叫ぶ
・幻視が見える(虫が見える、落ちてくるなど)
・部屋の隅で奇妙な仕草をしている
・時間や場所の感覚を失いわからなくなる
・幻聴

など、様々です。
このような禁断症状の克服から始まります。

入院治療や外来治療などがあり最低でも2~3年が必要と言われています。
[ad]
 

まとめ

あびる優さんは娘さんを出産する前から悪癖が続いていて、娘さんが生まれても全く改善されなかったのでしばらくは禁酒を決意しても娘さんと2人きりにはしたくないと、才賀さんは言っています。

しかし、娘さんにとってはやはり母親のことは大好きなはずなので、才賀さんはこれからのあびる優さんとの関係性について、お酒を断って娘と関わっていくことを望んでいるようです。

本当にあびる優さんがアルコール依存症なら治療と娘さんの面会もかなり時間がかかりそうです。

とにかく娘さんが可愛そうに思いますが、才賀さんも母親がいない分子育て頑張って欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました