あびる優と才賀紀左衛門が離婚!親権は父親なのに育てるのは母親?!どういうこと?!

エンタメ

あびる優さんと才賀紀左衛門さんが離婚していたことが分かりました。

ネットでは親権が父親の才賀紀左衛門さんが取ったことで、あびる優さんに余程の原因があるのではないか?
とざわざわしていますね。

そしてもう一つ気になるのがあびる優さんが4歳の娘さんについて
「長女についてですが、親権は才賀が持ちますが、あびるはこれまでと同様も愛情を持って育てていきます」
と、コメントしています。

え?

父親が親権あるんだったら父親が育てないの?

そんなことがあり得るのか?
気になったので調べてきました!!

スポンサーリンク

あびる優と才賀紀左衛門が離婚!父親が取った親権とは?

そもそも親権とは、簡単にいうと…

子供を育て日常生活に困らないように配慮すること。
子供に関わるお金の管理をする責任を持つことです。

そして、親権をとるとい子供に関する様々な権利も獲得できます。

【財産権利権】
子供の財産を管理する権利など。
【身上監護権】
親の同意や代理権
子供の居所を指定す権利
親が子供にしつけをする権利
親が子供の職業を許可する権利

などがあります。

どれも親の権利ですが、未熟な子供をちゃんと保護して育てないといけませんよ!という親の義務でもあります。

そして、親が離婚する場合、これらを父母が共同ですることは難しいので父親か母親かどちらが親権を取るのか?
を、決める必要があります。

あびる優と才賀紀左衛門が離婚!母親が取った監護権とは?

先ほどの身上監護権は親権の中に含まれる権利ですが、これだけを取り出し監護権というものがあります。

これは、親が子供を保護し育て教育する権利義務を監護権と呼びます。

監護権は親権の一部なので同じ人の方が一般的に考えられますし、子供にとってもその方が望ましいのですが例外があります。

スポンサーリンク

あびる優と才賀紀左衛門が離婚!親権は父親なのに育てるのは母親はあり得るのか?

親権者が子供を監護できない事情がある、親権者でない方が監護権者として適切な場合は親権者と監護権が別々になることもありえます。

たとえば、
財産管理については父親の方が適しているが、子供が幼いなど母親が監護権者として子供の世話をする方が適している場合。

親権者は父親だが、父親が海外出張などで子育てが出来ない場合など。

なので、才賀紀左衛門さんが財産系の権利がある親権を取り、4歳の娘さんはまだ幼いため母親が必要なので監護権を取れた。

というのが予想されます。

あびる優と才賀紀左衛門が離婚!あびる優子育てできるのか?

あびる優さんがほぼ毎日夜中まで飲み歩き深夜に帰ったあと家族を起こし騒ぎ立てることもある
という記事をみましたが、このような生活をしている人に子供を育てられるのでしょうか?

父親の才賀紀左衛門さんが子育てに協力的だという記事も見ましたし親権も父親でてっきり才賀さんが子育てをするのかと私は思っていました。

才賀さんの浮気騒動のストレスで飲み歩いているのか?
育児疲れで飲み歩いているのか理由は分かりませんが、

あびる優さんが1人で子育てをするのなら本人の生活習慣を改善することが必須になりますね。

ストレス発散方法もお酒以外で解決できる方法が見つかれば良いですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
あびる優さんと才賀紀左衛門さんの離婚にあたって親権問題はとても珍しいケースでしたね!!

離婚はしてしまいましたが、子供のことでこれからも必要なやり取りがありますよね。

子供に負担や支障がでないように離婚しても協力できる関係が続いて欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました