子供熱中症!対策、予防方法はこれ!冷却グッズ完全版!!

家事・育児

大人と比べて子供は汗をかく能力が低く温度変化に影響されやすく
体温調節機能が発達していないため、熱中症になりやすいです。
なので大人が注意して見ておかないといけません。

赤ちゃんは自分で服も脱げないし、暑いということもできません。
子供が熱中症にならないための対策と予防方法、熱中症になりそうなサインなど
お伝えします。

参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

【子供熱中症】ポイント・サイン

子供が熱中症にならないためのポイントをまとめました。

①体調管理
熱中症にならないための体づくりは大切です。
栄養バランスの整った食事、十分な睡眠を心がけましょう。
免疫力が下がっていると熱中症になりやすくなってしまいます。

②熱中症のサイン
顔が赤くなり大量に汗をかいていたら熱中症になるサインです。
涼しい場所へ行って水分補給をして休憩し、様子を見ましょう。

③適度に外出をする
ずっと涼しいクーラーの効いた部屋にいるのではなく、早朝や夕方に
適度に外出して外の暑さに体を慣らしましょう。

④直射日光を防ぐ
帽子などで直射日光を避けるのも対策の一つです。
速乾性のある服や通気性の良い服を着て汗を放出し
体温調節がしやすくなる服装もおすすめです。

⑤照り返しの影響を受けやすい
子供は大人より身長が低い分、地面からの照り返しの影響を受けます。
大人の顔の高さよりも地面の近くの方が温度が高いので
ベビーカーなどは特に小さい赤ちゃんが乗っているので注意が必要です。

⑥早めの水分補給
子供が「喉が渇いた」という前からこまめに水分補給させましょう。
喉が渇いたというときにはすでに多くの水分が失われている可能性があります。

⑦経口補水液、麦茶がおすすめ!
水分補給には塩分も取れてすぐに水分を体に吸収できる経口補水液や
利尿作用の少ない麦茶がおすすめです。
暑いのですっきりとした冷たい緑茶を飲みたくなりますが、
緑茶は利尿作用があるた摂取した以上の体の水分を逃がしてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

【子供熱中症】応急処置は?

どれだけ気を付けていても熱中症になってしまうこともあるかもしれません。
もし、子供が熱中症になってしまった時の応急処置などまとめました。

[熱中症の症状]
・めまい
・失神
・頭痛
・吐き気
・筋肉痛、筋肉の硬直
・大量の汗
・高体温
・倦怠感
・虚脱感
[応急処置]
・服を脱がせゆるめ、熱を放出させる
・水分補給をさせる(水分t電解質のものがおすすめ)
・体に水をかけうちわであおぐなど体を冷やす(首、わきの下、足の付け根には氷など)

このような症状が出たときに救急隊を呼ぶべきか?安静にして様子を見るべきか?
目安を調べました。

[救急隊を呼ぶ目安]
・意識がない
・返事があいまい、おかしい
・自力で水分を摂取できない
・対処をしてもよくならない

このような状態になると危ないので涼しい場所へ移し、服を脱がせすぐに救急隊を呼びましょう。

※意識がない、あいまいなときは無理に水分を摂らせようとすると
気道に流れ込む可能性があるのでやめましょう。

[様子を見る]
・意識がある
・自分で水分を摂取できる

意識があり、自分で水分を摂取できる場合も涼しい場所へ避難し服を脱がせるなどして
様子を見ましょう。
もし、状態が悪化したら救急隊に連絡できるように準備しておくといいですね。

【子供熱中症】完全対策グッズ!!

赤ちゃんや子供が熱中症にならないように対策グッズをまとめました。

抱っこ紐に使える冷却グッズです!
体感温度-3度になるUVケープです。

ベビーカーやチャイルドシートにはこれ!

ベビーカー、チャイルドシートなどいろんなところに取り付けられます。
自宅では洗面所で髪を乾かすときなどにも使えます。

これがあればいつでも水分補給が自分で出来ますね!
チャイルドシートにつけたら運転中でも安心ですね!

 

歩けるようになったお子様におすすめ!

こちらは背負えるので背負わせたまま抱っこ紐、ベビーカー、チャイルドシートなどにも使えます。


公園など元気に遊びまわるお子様におすすめ!

水に濡らして振るだけでひんやりします。
大人にもおすすめ!

 

おすすめの水分補給はこれ!
常備しておくと安心ですね。

パパとママにはこれ!

ベビーカーに取り付ければみんないつでも水分補給がササっと出来ますね!
ベビーカー以外でもリュックやアウトドアなどにも使えるので便利!!

ママはこちら

パパはこちら

おわり

いつどこで熱中症になってしまうかわからないので
子供の様子をこまめに観察してしっかり対策しましょう。

羽根なし扇風機などベビーカーやチャイルドシートでもうまく活用できそうですね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました