太りにくいチョコレートランキング!!太りにくい食べ方やチョコの健康&美容効果とは?(この差って何ですか?)

ヘルスケア

2020年2月4日にTBSの「この差って何ですか?」で太りにくいチョコレートと太りやすいチョコレートの差について紹介されていました!!

チョコレート大好きな方は太りにくいチョコレートだと罪悪感なく食べられて嬉しいですよね!!

「この差って何ですか?」では太りにくいチョコレートと太りやすいチョコレート、そして太りにくいチョコレートの食べ方が紹介されてたのでそのまとめと、

+αでチョコレートがもたらす健康&美容効果についてもまとめました!!

スポンサーリンク

太りにくいチョコレートランキング!

番組では5つのチョコレートで太りにくいチョコと太りやすいチョコをランキング形式でまとめられていました!

そのランキングがこちら!!

1.ホワイトチョコレート
2.抹茶チョコレート
3.ミルクチョコレート
4.アーモンドチョコレート
5.ビターチョコレート

1のホワイトチョコレートが一番太りやすく、5のビターチョコレートが一番太りにくい結果となりました。

では、この“差”とは何でしょうか?

太りにくいチョコと太りやすいチョコの“差”

上記の5つのチョコレート実はカロリーは全部ほぼ同じです!!

この順番はチョコに含まれる“食物繊維”の量が関係していたんです!

カカオにはもともと沢山の食物繊維が含まれています。
この食物繊維が糖の吸収を抑えてくれる効果があります!
よって血糖値の上昇を抑えてくれる効果もあります!

ホワイトチョコレートはこれを作る過程でカカオバター(油)だけを抽出して食物繊維がほとんど無くなってしまっている状態です。
なので、大量の砂糖と油が食物繊維にガードされることなく体に吸収していきます。

(こわい…。)

しかし、ビターチョコレートはカカオの食物繊維が多く含まれているので糖の吸収を抑え太りにくいチョコレートとなっています。

 

抹茶チョコレートはホワイトチョコレートに抹茶パウダーを入れているだけなので同じく太りやすいです。

 

ミルクチョコレートはホワイトチョコレートよりはマシですがやはり太りやすいチョコレート。

しかし、アーモンドにも食物繊維が含まれているので比較的太りにくいチョコレートとなります。

スポンサーリンク

 

太りにくいチョコレートの食べ方“チョコファースト”

カカオに含まれる食物繊維が糖の吸収を抑え血糖値の上昇を抑えてくれる効果があります。
カカオが多く含まれていいいるほど、その効果を発揮してくれます!

おすすめはカカオ70%以上のチョコレート!!

食事をする20分前板チョコなら2枚、小粒なら3粒を目安に食べると太りにくいと紹介されていました!

これを“チョコファースト”といいます!
糖の吸収を抑えるだけでなく、満腹中枢にも働きかけてくれるため食べ過ぎ防止にもなるのだそうです!!

主婦なら料理をする前や料理しながらパクっと食べられるし、働いている方でも簡単に出来るから良いですよね!!

ハイカカオチョコレートの健康&美容効果とは?

実はこの“カカオ70%以上”のチョコレートの効果はまだまだたくさんあるんです!!

・高血圧予防
・動脈硬化予防
・生活習慣病予防
・老化予防
・冷え性改善
・便秘改善
・美肌効果

これはカカオに含まれる“ポリフェノール”が血管を若々しく丈夫にする効果があるため、

・高血圧予防
・動脈硬化予防
・生活習慣病予防
・老化予防
・冷え性改善

が、期待できるのではないかと思います!

そして、食物繊維によって腸内が綺麗になることで

・便秘改善
・美肌効果

の効果に繋がるのではないかと思いました!

スポンサーリンク

 

おわり

こんなにも良いことだらけのチョコレートですが、もちろん食べ過ぎは体に良くないので
1日30g~40gを目安に食べてくださいね!!

ダイエット中でもこれならできそうですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました