【新型コロナ】第2波はいつ来る?!対策は?

話題

39県が緊急事態宣言解除されて他の都道府県も来週には解除する方向だと
言われていますね。

次に気になるのがコロナ感染第2波ですよね。

来るとしたらいつ来るのか?対策はなにか?

予想してみました。

スポンサーリンク

コロナ第2波はいつ来る?

 

5月14日に39県が緊急事態宣言解除されるという首相の会見がありましたね。
まだ解除されていない、東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、京都、兵庫、北海道は
1週間後の21日を目途に解除出来るか判断されます。

 

もし、このまま21日に全国で緊急事態宣言が解除されたら、
早くて2週間後~3週間後の6月4日~11日にまたどこかでクラスターが発生しているかもしれません。

 

すぐに対応して抑え込むことが出来たらいいのですが、
クラスターがいくつも発生してしまうと3月~4月の時のように
また次々と感染者が拡大する恐れがあります。

そうなってしまったら、また6月末までは自粛期間となる場合も考えられますね。

 

すでに北海道で第2波が来ています。
北海道は第1波の時より第2波の時の方が感染者が多くなっています。

画像引用

新型コロナウイルス感染者情報のグラフ | 総合政策部情報統計局情報政策課

 

都市部で第1波の時よりも感染者が拡大したらさらに医療現場は大変なことになります。

そして、1回目の時よりもさらに自粛しないといけなくなるかもしれません。

 

コロナ第2波の対策は?

 

第2波が来ないためには首相が会見で伝えられた“3つのお願い”をまずは守らないといけません。

 

《3つのお願い》
・少しずつ段階的に
・前向きな変化は、出来るだけこれからも続けてほしい
・日常のあらゆる場面で、ウイルスへの警戒を怠らないでいただきたい

 

緊急事態宣言が解除されたので外出自粛のお願いはしないけど、
人との接触はなるべく避けたり県をまたぐ移動は少なくても今月は避けて欲しいということでした。

 

大阪では独自の大阪モデル達成され一部が少しずつ解除されていっています。
しかし、大阪の有名な串カツ屋さんでは深い器に入ったソースが「2度付け禁止!」という
張り紙と一緒に各テーブルに置いてありますが、いろんな人がこの同じソースを使うの
苦渋の決断で今は辞めることになったそうです。

 

こういう文化がなくなるのは少し寂しい感じがしますが、今は仕方がないですね。

 

また、今回の緊急事態宣言でテレワークを初めてした方も多いと思います。
このような前向きな変化はこれからも続けた方が感染拡大を防ぐ効果があるので
出来る限りした方が良さそうです。

 

これからこうしたテレワークやオンラインを使った会議、授業、習い事が増えていきそうです。

 

そして、緊急事態宣言が解除されてもウイルスは0になりません。
まだワクチンもコロナウイルス用の治療薬もないので手指消毒、マスクの着用、
他者と一定の距離を保つなど感染リスクがあることを考えながら行動しなければいけません。

スポンサーリンク

コロナ第2波の対策はいつまで続く?

ではこの3つのお願いはいつまで続けたら良いのでしょうか?

 

来月になっても感染拡大がなければ県外への移動も可能になっているかもしれませんが、
それ以外についてはワクチンや治療薬が出来てそれが浸透するまでは必要なことだと思いました。

 

また今は気候が暖かくなってきているので感染拡大しにくくなっているだけで
秋冬になったらまた感染者が急増する可能性もあります。

 

ワクチンや治療薬が出来るまで1年半かかると報道されていました。
ワクチンが浸透するまでを考えると2年程、それ以上かかるかもしれません。

ワクチンが浸透して今よりも感染することに対して恐怖心がなくなったとしても、
コロナ対策はいろんな感染予防対策になるので一部の人はそれが日常になっていくのかな?と思いました。

 

おわり

 

これからコロナウイルスとどうやって共存していくかが重要になってきますね。

 

【新型コロナ】北海道第2波襲来!なぜ?東京、大阪にも?!
日本で初めに感染者が多かった北海道ですが、独自の緊急事態宣言によって 感染者を減らすことが出来ていました。 しかし、4月に入って北海道にコロナ感染第2波が襲っています。 なぜ、第2波が来てしまったのか? 今後、東京や...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました