【新型コロナ】お盆に帰省しても大丈夫?感染リスクは?

イベント

だんだんと気温が高くなって暑くなってきましたね。

今はまだ一部の地域で緊急事態宣言が延長されていますが、夏になるころにはどうなっているのでしょうか?

次の連休はお盆ですね。
お盆には毎年田舎に帰る方も多いと思いますが、今年は帰省出来るのでしょうか?

調べて予想してみました。

スポンサーリンク

 

【コロナ帰省】感染リスクは何?

帰省するにあたって、考えられる感染リスクを考えてみました。

 

[感染リスク]
・新幹線での3密
・飛行機での3密
・車移動で利用するサービスエリア
・他府県にウイルスを持ち込んでしまう可能性がある
・コロナ感染第2波の可能性

新幹線や飛行機では窓は開けられませんが、空気の入れ替えたり出来るようになっています。

しかし、席が沢山埋まっているほど、他者との距離を保てなくなるので
感染リスクは高くなりそうです。

しかも、新幹線や飛行機の中って暇なのでお弁当を食べたり飲食することもありますよね。
そうなるとさらに感染リスクは高くなりそうです。

 

飛行機と新幹線は現在、一部減便、運休がされています。
今はとりあえず緊急事態宣言が完全に解除されるまでと思いますが、
もしかしたら完全解除されてからもしばらくは減便、運休をしているかもしれません。

 

車移動でも、長距離になると必ず休憩しますよね。
サービスエリアなどでトイレ休憩や昼食を食べたり、お土産コーナーを見たり
楽しいですよね!

 

でも、これらもいろんな都府県の人が集まる場所なので感染リスクが低いとは
言えなさそうです。

無症状の感染者がどこにいるかも分かりませんし、もしかしたら自分が無症状感染者かもしれません。

大勢の人が大移動することで、コロナ感染の第2波が来るかもしれません。
高齢者が多い地方でコロナ感染は拡大すると、

 

・地方の医療現場崩壊
・死者が増える

考えただけでも恐ろしい事態になります。

 

 

【コロナ帰省】地方にいる高齢者の割合は?

地方の地域など、高齢者が多いところはどのようなところなのでしょうか?

この分布図は高齢者がいる世帯の割合を表したものです。

 

分布図の青いところが高齢者がいる世帯が少ないところ、赤いところが多いところです。

都市部の東京、大阪、愛知は青い部分が多いですね。
東北地方、中国地方、九州などは赤い部分が多いのが分かります。

元々の人口の数にもありますが、都市部より地方の方が高齢者がいる世帯が多いことが分かります。

お盆に沢山の人が地方へ帰省したら、重症化しやすい高齢者が危険です。

分布図引用
http://www.stat.go.jp/data/mesh/topics/topi681.html

スポンサーリンク

 

【コロナ帰省】オンライン墓参り

お墓参りは近くにいる人が最低限の人数で行く方が望ましいかもしれません。

遠くて行けない方は、お墓参りに行っている親族の方にオンライン通話して
みるのもいいかもしれませんね。

【コロナ帰省】祖母とオンライン通話してみた!

お墓参りの時ではないですが、実際に私の祖母と義母とLINEでテレビ通話してみました。

私の祖母は今70歳後半です。
LINEで通話しながらビデオマークを探してタップするように伝えると、すぐに出来ました。

義母は私の祖母より一回り若いので、義母ともLINEでテレビ通話がすぐにできました。

少し電波が悪かったりしましたが、2人とも久しぶりに息子と顔を見て会話ができて、
みんなとても楽しそうに会話していました。

今回は2人とも、とても元気な人で機械も全く分からないタイプではなかったので、
すぐにテレビ通話が出来たと思います。

機械が苦手でわからない高齢者の方が多いと思うので、近くにオンライン通話のやり方を一緒に見てくれる方がいると安心ですね。

 

【コロナ帰省】8月終息の可能性は20%?!

今頑張って自粛生活をしてるし、感染者も少なくなっていているので
8月には終息して、国内なら帰省できるのでは?

と、思いますよね。

でも、実際はなかなか厳しいようです。

医師が考える“新型コロナ”国内での終息時期は・・・(20/05/08)

こちらのニュースによると、今年の8月~9月に国内でコロナが終息している可能性は20%と、報道されています。

このまま、緊急事態宣言が解除されても、自粛生活を続けていれば終息する可能性もあるようですが、
今年のお盆に都市部から各地に再移動するのは少し厳しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

おわり

まだまだ先が見えない状態で辛い日々が続きそうです。

今年は今までのように過ごすことが難しいと思うので、今あるものを工夫して
過ごすことを考えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました