【新型コロナ】布マスク配布はいつ?予防効果はある?

話題

安倍首相が新型コロナ対策として、全国の家庭に布マスク2枚配布されることになりました。

洗うことで繰り返し使える布マスクですが、このマスクはいつ配布されるのでしょうか?
そして布マスクに予防効果はあるのか?

他にも気になったことを調べてきました!

スポンサーリンク

 

【新型コロナ】布マスクいつ配布される?

安倍首相がマスクの品薄対策として洗って繰り返し使える布マスクが配布されることになりましたが、いつから配布されるのでしょうか?

安倍首相は布マスクを再来週(4月12日以降?)から感染被害が申告な地域から順次配布する
としています。

今、最も感染被害が大きい東京都から配布され、今月中に都内の配布を終えたいとしているそうです。

次に感染被害が大きいのは大阪府でその後は愛知県、兵庫県、千葉県、北海道、神奈川県
この当たりから順番に配布されるそうですが、

東京都だけで配布に2週間かかるのでそれから他の都道府県に順番に配っていたら
思っている以上にマスクの到着が遅いかもしれませんね。

そして、配布される布マスクは1住所あたりに2枚としていて1人2枚ではありません。

自分で作れる人は作った方が早いかもしれませんし、すでに作っている方も多いのでは?

 

 

【新型コロナ】布マスクの予防効果は?

衛生面や手軽さを考えると使い捨てマスクの方が良さそうですし、布マスクの効果はないと聞いたことがあります。

本当はどうなのでしょうか?

九州大学の矢原徹一教授によると

 

マスクが果たす3つの役割とは
①ウイルスがフィルター部を通過しない
②手についたウイルスが口や鼻に接触するのを防ぐ
③顔に密着させマスクの隙間からウイルスが侵入するのを防ぐ

布マスクは他者からの感染を防ぐ効果は期待できないとしていて
その理由は、

 

②については効果があるが、
布マスクは織り目が粗いため飛沫を防ぐ効果が小さい。
コロナウイルスの直径は0.1マイクロメートルで布マスクを簡単に
通過してしまうそうです。

安倍首相が付けていたような給食当番のマスクみたいなものだったら
顔に密着させるのも立体型マスクより難しそうですね、

自分が感染しないためにつけるにはあまり効果がなさそうですが、
自分が感染しているかわからないのがコロナウイルスの特徴なので
知らない間に他者にうつさないために布マスクをつけるという
考え方の方がいいかもしれません。

全く付けないより付けた方がいいのは確かです。

でも、そのマスクもちゃんと手入れをしないと雑菌が繁殖する可能性もあり
不衛生なマスクになりかねません。

スポンサーリンク

【新型コロナ】布マスクの洗い方

各家庭の2枚しか配布されないので、この貴重な布マスク2枚はかなりの使用回数になりますよね。

清潔に長く使うためにも正しく洗って使ったほうがいいですね。

経済産業省が紹介している洗濯方法は

洗面器などに水2Lに対して洗濯洗剤0.7g溶かしてマスクを10分放置してから、揉み洗いではなく押し洗いし、よくすすいでから日陰に干して乾かします。

汚れやウイルスなどが気になる場合は塩素系の漂白剤を入れてゴム手袋をはめてから
洗いましょう。

マスクを痛めないために揉み洗いではなく押し洗いが良いそうです。

 

【新型コロナ】布マスク世間の声

 

 

最後のふたつは思わず笑ってしまいました。

スポンサーリンク

 

【新型コロナ】布マスクまとめ

・布マスク2枚は再来週(4月12日頃)から感染被害が大きい東京都から配布される
・布マスクの予防効果はあまり期待できないが、何もしないより付けた方がいい
・布マスクを長く清潔に使うために丁寧に洗いましょう。

布やガーゼではなく不織布の方がウイルスが通過しにくいので
今から手作りするなら不織布も一緒に使ったマスクがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました