マスク日焼け?!男性用おすすめの日焼け止め!SPF?PAって何?

美容

マスク熱中症も気を付けなければいけませんが、マスクの日焼けも顔の上半分、
目の周りだけ日焼けしたら見た目が気になってしまいますよね。

女性用は沢山日焼け止めがありますが、男性用の日焼け止めはどれがいいのか?
おすすめの男性用の日焼け止め、効果など調べてきました。

スポンサーリンク

日焼け止めのSPFって何?

日焼け止めに記載されているSPFとは「Sun Protection Factor」の略です。
これは紫外線B波(UV-B)を防ぐ力の大きさを表しています。
UV-Bは短時間で肌が炎症を起こし赤くなってしまうような焼け方をする紫外線と言われてます。
この紫外線はシミやそばかすの原因になります。

SPFの横には20・30・50などの数字が書かれていますがこの数値が高いほど
日焼けを防いでくれます。

この数字は肌が日光に当たったときに、日焼け止めを塗らない状態と比べて
肌が赤くなるまでの時間を何倍に延ばせるか?
を、表した数値です。

 

例えば、30分日光に当たると赤く日焼けしてしまう人の場合

SPF30の日焼け止めを塗ったら
30分×SPF30=900分
約15時間日焼けを防ぐ効果が期待できるという計算になります。

しかし、日焼け止めは汗などで流れ落ちてしまうこともあるので、あくまで目安として
考えてくださいね。

 

そして、このSPF値は高ければ良いというものでもなく、SPFの数値が高いと
肌が乾燥しやすくなったり、負担がかかってしまうこともあると言われています。

 

通勤時や営業回りくらいならSPF20~30で十分です。
BBQや海などレジャーを楽しむときはSPF50がおすすめです。

日本ではSPF50が最大値となっています。

日焼け止めのPAって何?

日焼け止めにはもう一つPAが書かれています。
PAとは「Protection Grade UV-A」の略です。

 

PAは紫外線A波(UV-A)を防ぐ効果を表しています。
UV-AはUV-Bよりも肌の奥まで届くのでシワ、たるみの原因になります。

 

PAはSPFと同じように日焼け止めを塗っていない状態と比べて紫外線を何倍耐えられるか
をPA+の+で表しています。

 

PAの横にある+が多いほどUV-Aを防ぐ効果が高いですが、SPFと同じで
+が多いほど肌に負担がかかりやすくなってしまいます。

 

PAの+の数はSPFの数値が大きいほど+の数も多くなっているものがほとんどです。

通勤や営業回りくらいの外出でしたら

SPF20・PA++
SPF30・PA+++

くらいの日焼け止めがおすすめです。

 

BBQ、海水浴、ゴルフなど日光に当たる時間が長い場合は
SPF50・PA++++

の日焼け止めがおすすめです。

スポンサーリンク

日焼け止めのタイプ

日焼け止めにはいろんなタイプの物があります。

[クリームタイプ]
・保湿力が高く乾燥肌の方におすすめ
・ウォータープルーフなど汗に強い防水性のものが多い
・海水浴、レジャーにおすすめ
[ミルクタイプ(乳液)]
・伸びがよく肌なじみが良い
・敏感肌、乾燥肌の方におすすめ
[ローションタイプ]
・化粧水のような日焼け止め
・敏感肌の方におすすめ
[ジェルタイプ]
・日焼け止め独特のべたつきがあまりない
・伸びがよくさらっとつけられる
[スプレータイプ]
・手を汚すことなく簡単に使える
・髪の毛などにも使える
・汗や水に弱い

 

おすすめ日焼け止め

 

通勤や買い物だけなど軽く使いたい方はこちらがおすすめです!
肌色補正もしてくれるます。

 

通勤+営業回りなど、汗に強いウォータープルーフタイプはこちら!

 

敏感肌で肌の負担が気になる方はノンケミカルのこちらがおすすめです!

べたつきが苦手な方はこちら!

 

レジャーなどでしっかり紫外線予防したい方はこちらがおすすめです!

 

最近では男性も日傘をさしている方も見かけます。

 

 

おわり

自分に合った日焼け止めは見つかりましたか?

マスク日焼けだけでなくシャツによる首の日焼け止めにも使えますよ。

 

【マスク熱中症】原因は?予防対策は何?
これからどんどん気温が上がってきても、まだマスクは欠かせないものです。 マスクをしていると熱中症になりやすいと警告されています。 マスク熱中症にならないためにはどうすればいいのか? 予防、対策、おすすめ冷却グッズを調査してきま...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました