【2020年大阪】タピオカの次に流行るドリンクはこれだー!!

カフェ&スイーツ

『タピる』というタピオカの動詞まで誕生するほど大流行しているタピオカドリンク!!

あのモチモチがたまらないと最近ではフードにもタピオカが入っているものまで出てきていますね!!

そんな現在進行形でまだ流行っているタピオカドリンクですが、すでにタピオカの次に流行りそうなドリンクが大阪の梅田にいくつか出店しています!!

その斬新で気になるドリンクをご紹介します!!

スポンサーリンク

タピオカの次に流行るドリンク【チーズティー】

 

『machi machi』(マチマチ)というチーズティー専門店です!

台湾メディアでは“神のチーズティー”と称され現地でかなり話題になっている専門店です!

お店は梅田と難波の2店舗があります。

 

【チーズティーってどんな飲み物?】
1杯ずつ丁寧に抽出した台湾茶の上に“チーズキャップ”という塩味のきいた濃厚なクリームチーズが乗っています。

チーズキャップが台湾茶の美味しさを閉じ込めた新感覚デザートドリンクです!

 

【チーズティーってどんな味?】

・チーズだけ飲むと甘じょっぱくすごくクリーミー
・とろっとしていて生クリームのようなチーズケーキ味
・台湾茶は上品な味わいで香り高い
・混ぜ合わせるとクリーミーなティー

トッピングでタピオカを入れれたり、ティーの甘さを3段階選べるので好みのドリンクが作れます!

 

【メニュー&料金】
チーズティーは全部で6種類あります。
480円+税

他にも、フルーツジュースやフルーツにクリームチーズが乗っているドリンクもあります。

そして、新メニューのもうすぐ販売するかも?!

 

【店舗情報】
阪急グランドビル離れの1階にあります。
営業時間:11時~21時

 

タピオカの次に流行るドリンク【プリッチ】

東京で人気になった台湾発のティーショップ『CHA NUNG』(チャノン)
台湾のティーブランドを知り尽くしている老舗茶葉専門店です!

 

そのため、お茶を楽しめるドリンクも様々!
その中でもタピオカの次に流行りそうな物は“プリッチ”です!

 

【プリッチって何?】
プリッチとは、プリンとミルクティーをミックスさせたデザートティーです!

チャノンのプリンは自家製で毎日お店で丁寧に作られています。
喉越しが自慢のプリンです!

 

【プリッチってどんな味?】

・プリンパフェみたい!
・ホイップクリームととろける濃厚プリンが裏切らない!
・どろんとまったりしていて美味しい
・飲むプリン
・意外にスッキリした味

 

これも、とても美味しそうですね!!

【メニュー&料金】
プリッチにタピオカ、黒糖、小倉などが入っているものがあり、料金はどれも600円です。

他にも、タピオカドリンク、週種類のミルクティー、ティー、フルーツティーがありどれも美味しそうです♪

 

【店舗情報】
大阪大丸の地下1階にある『ごちそうパラダイス』東側にお店があります!

テイクアウトのみです!

営業時間:10時~20時半
金曜日と土曜日は21時まで

定休日:不定休

スポンサーリンク

 

タピオカの次に流行るドリンク【台湾茶】


台湾茶専門店の『JIATE 永福茶堂』(ジャテ)です。
チーズティーもプリッチも台湾茶のお店なのですが、こちらのジャテはシンプルな台湾茶《高級手だて茶》が人気のお店です!!

【高級台湾茶ってどんな味?】
おすすめの“フーブォー”は紅茶に近い風味で、複雑だけとさわやかな味。
ハンサンはスッキリとしたフルーティーナッツを連想させるミルキーな香り。

他にも、シナモンを思わせる甘くドライな香りの中にさわやかなリンゴのような優しい甘味のイェンツーホンなどがあります。

 

【メニュー&料金】
台湾茶は5種類あり、タピオカドリンクやチーズフォームティー等があります。

値段は500円~800円で、台湾のフードメニューのあります!

手のひらサイズの大きいから揚げ?や台湾風おしるこ、豆腐スイーツ等があります。

 

【店舗情報】
最近新しくできたLINKS UMEDA1階にお店があります。

入り口は階の路面北東側に面しているので、リンクス梅田の中からお店には入れないので気を付けてください!

営業時間:9時~23時

まとめ

いかがでしたか?

タピオカから始まり、台湾ドリンクのブームは形を変えてまだまだ続きそうですね!!

初めは東京ばかりでしたが、大阪にもお店が出てきて嬉しい♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました