髪の毛も日焼けする?!紫外線を防ぐアイテム!

美容

夏になるといつも髪の毛がキンキンになる。
夏になると髪がごわごわする、ヘアカラーの持ちが悪い。

これらは紫外線の影響かもしれません。

お肌は日焼けしないように日焼け止めを塗るように
髪の毛も日焼け止めをしないと髪が傷んでしまいます。

髪が傷んでしまう理由をケア方法をご紹介します。

スポンサーリンク

髪の毛は日焼けする?!

髪の毛は日焼けします。

紫外線は3月から増え始め5月頃からさらに紫外線が強くなり
7月8月がピークになります。
その後も9月くらいまでは紫外線が強い時期になります。

まだ、日差しは強くなくても紫外線はどんどん強くなってきています。
毎日の通学、通勤だけでも積み重なると知らないうちに
長時間髪が紫外線によって日に日に傷んでしまいます。

紫外線を気にしている方は3月頃から日焼け対策をされている方もいるかもしれません。

髪の毛が日焼けするとどうなる?

紫外線によって髪の毛が傷んでしまうとどうなるのか?

・髪が硬くごわごわになる
・髪がまとまらない
・カラーの持ちが悪くなる
・カラーが抜けて毛先がキンキンになる
・髪が乾燥してバサバサになる
・髪が絡まりやすくなる
・枝毛が増える
・コテで巻いてもすぐにとれる
・ツヤがなくなる

髪が乾燥して硬くなり、そこから枝毛、絡まりやすくなる、ツヤがなくなる
ヘアカラーがすぐ抜けるなどダメージトラブルが広がります。

特に、海やプールなどで髪が濡れた状態で紫外線を浴びると
もっと紫外線の影響を受けるのでさらに髪が傷んでしまいます。

傷んでからケアするのでは遅いので早めからの紫外線対策が必要です。

スポンサーリンク

おすすめアイテム

今回おすすめするアイテムはスプレータイプとトリートメントタイプの2種類です。

こちらのスプレータイプは髪の毛だけでなく体にも使うことが出来ます。
これ一つで全身の日焼け止めが出来るのでおすすめです!
また、こちらは香りにこだわっていて香りを気に入って使っている方が多いです。

 

 

トリートメントタイプはドライヤーの前に使う洗い流さないトリートメントです。
トリートメントに日焼け止め成分が含まれているので手間がかかって面倒くさいと
感じる方はこちらがおすすめです。

もちろん、ダメージ補修の成分も入っているのでヘアケアにもなります。
ワックス代わりに髪を巻いた後に軽く付けてもOKです!

 

セラムがオイルタイプ、エマルジョンがミルクタイプです。
お好みの方を使ってください。

 

 

おわり

気づいた時から紫外線予防するだけでも髪の状態が違ってくるので今のうちから予防しておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました